レーシックで失明

■レーシックで失明
レーシックを受けるときに不安に感じることの一つに「失明する可能性があるのか?」というものが挙げられます。
レーシックでは、眼というとてもデリケートな部分にレーザーを当てて、眼球内の角膜を形成しなおす治療方法であるため、「最悪失明もありうるのでは?」と思う人が大勢います。

 

実際のところを見てみると、現在までではレーシックによる失明、という報告は一つもありません。
合併症や感染症と言ったものの報告はされていますが、いずれも対処方法が分かっているものばかりで、失明につながるほどのものはありません。

 

レーシックが世界中でこのように広まっているのは、視力が回復する、というメリットだけでなく「安全性が非常に高い」という部分がほとんどだと考えられています。
実際に健康に関してとても盛んなアメリカでもレーシックの有意性に関しては非常に高く評価されていますし、日本でも厳しい基準が設けられている厚生労働省によって認可されているほどです。

 

とは言え、レーシックが確実に成功するものだ、とは断言できない部分があります。
それは、個人差が大きい眼球を取り扱っているということ、そして医師の腕によって施術後の結果が変わることがあることなどが挙げられます。

 

レーシックで失明、といったトラブルを招かないためにも、レーシックを受ける前に必ずクリニック選びを慎重に行うようにしたいところです。
特にレーシックの実績が多いクリニックや、口コミで評価の高いクリニックなどを選ぶようにしましょう。